++第23号(2002年1月号)より++

◆地球のための簡単なエネルギー節約法・・・電気を消すのを忘れないで! 100ワットの電球を10時間つけておくのは、0.5キロの石炭、または4分の1リットルの油で電力を発生させるのと同じです。

冷蔵庫の霜取りは定期的に! その方が冷蔵庫は良く冷えますし、電気消費量も少なくて済みます。それから暖かい食物は、さめてから中に入れることをお忘れなく。


◆美しさの秘訣・・・にきびからの解放。皮膚の専門家によれば、にきびや吹き出物はつぶさない方がよいそうです。つぶすと黴菌が拡がりやすいからです。その代わりにペパーミント・ティーを試して下さい。まず、ひとつかみの新鮮なペパーミントの葉、大さじ2杯の乾燥させた葉、そして数滴のペパーミント・オイルを用意し、沸騰したお湯の中に入れます。そして頭の上にタオルをかぶせ、顔の部分を湯の入った鍋に近づけます。そして鍋からの蒸気を顔に数分間あてて下さい。すると詰まった毛穴が開き始めるでしょう。
このトリートメントを完璧なものとするには、(新鮮な)パパイヤの皮の内側を使って、古くなって死んだ皮膚細胞を取り除いて下さい。こうするとビタミンAとCが皮膚の状態を整えてもくれます。
もう一つのにきび治療法は、ひいて粉にしたアーモンドとオート麦(からすむぎ)を半々の割合にしたものを蜂蜜で練ってにきびに塗ることです。これは毛穴にたまった油や汚れを取り除きながら、古い皮膚細胞を剥ぎ取る働きもします。


◆キーボードによる病気・・・コンピュータを使う人の急増とともにRSI、すなわち腕や手首などが痛くなる手根管症候群が深刻な問題になってきています。
まず最初の助言としては、働きすぎないこと! できるだけ頻繁に手を休めるようにして下さい。そして立ち上がって動き回り、血液の循環を活発にすることです。コンピュータの画面に夢中になって時の経つのを忘れる傾向があるなら、目覚し時計などを使って、時間がきたら仕事を終わりにするようにして下さい。
屈伸運動、たとえば腕を十分に休ませながら手を握ったり開いたりすることも、病気の予防に役立つでしょう。あるいは手首を伸ばすのも良いでしょう。両腕をまっすぐに前に伸ばして、指を上に向け、一方の手で片方の手の指を優しく後ろへ曲げてみて下さい。
姿勢も大切です。背筋を伸ばして座り、両肩、両腕、(そして両目)に負担がかからないようスクリーンや椅子などの位置を常に調整しましょう。
もうすでに指や手や腕に痛みや凝りがあるようなら、早急に専門家の助言を仰ぐことをお奨めします。放っておくと痛みが数ヶ月ないし数年も続く場合もあるからです。


◆あなたのストレスには何が良いか・・・1年前に30カ国以上の人々を対象に行なわれた調査によると、ストレス解消法として最も多くの人が選んだのは「音楽」で、対象者の半数以上がそう答えました。第2位が「テレビを見ること」、そして僅差で「シャワーないしお風呂」が続きます。
予想に反してそれほど高い評価を受けなかったものもありました。たとえば、選択肢として与えられた24のストレス解消法のうち、「セックス」にチェックした人は全体のわずか11%で16位、リラックスのためのテクニックは8%にすぎませんでした。セラピストによるカウンセリングは最下位で、全体の3%の人が選んだだけでした。
しかし調査対象国には、中国、韓国、マレーシア、タイ、フィリピン、その他貧しい国々が相当数含まれていたことを考えると、セラピストによるカウンセリングは、結局のところ確かに贅沢といえるでしょう。
友人と一緒に過ごしてリラックスすると答えた人が全体の3分の1いたことは、べつに驚くようなことではありませんが、読書、料理、散歩、電話をかける、といった活動が3分の1以下で、趣味や飲酒が遥かずっと下にランクされていたのは、驚きでした。ところで私のオフィスでは、スポーツ、自然の中を歩く、甘い物を食べる……といった回答がありました。あるイギリス人の回答は当然、「おいしい紅茶を一杯飲むこと」でした!





Holistically Ours