経済危機の皮肉な効用――アルゼンチン

 金融危機によって、首都のブエノスアイレスのすぐ北のパンパ市で、地域住民の努力から奇妙で皮肉な結果が生まれている。

アルゼンチン通貨があまりにも下落した結果、警察は、車輪部隊をパトロールに走らせたり、(すでにかなり老朽化した)自動車を修理することができなくなってしまった。この問題を解決するために、地域住民達は、自分達の車を代わりにパトロールに使ってくれと警察に申し出た。その一人は言う。

「我々の地域では犯罪が頻発していた。我々がそう言うと警察は、車が足りないしガソリンを買う金もないと言う。だから、油を買う金を集めるためにコミュニティ基金をスタートさせなければならなかった。今では、警察は、この市には犯罪がなくなってしまったと言っているよ。」(Tokyo Noticeboard)


戻る




Holistically Ours