精神医学とスピリチュアリティ

 英国では500人を超える精神科医が、新しいグループを作り、スピリチュアリティと精神障害との関連について意見を交換し、調査を始めている。

「一般大衆の70%以上が、表現の仕方はともあれ、一種の高次の導きの力を信じているのに反し、そうしたことを信じる精神科医は30%に満たない。この問題を扱うのが目的だが、私たちはそれについて論争しようというのではなく、スピリチュアリティと精神的な健康を強く関連させている新しい経験的な研究に基づいて、この問題に取り組んでみたい」

現行の精神科の訓練では、この種の話題を取り上げる余地はないので、議論の枠を広げられるようなフォーラムを提供することがグループの目的である。「人を最初から病人として扱うのではなく、健全な人間として扱うことに立ち戻る」のだと彼らは主張している。(Positive News)


戻る




Holistically Ours