管理された安楽死

 ベルギーでは、終末期医療において、もし医師が患者から頼まれたのであれば、安楽死させることが許されるという改正法が、ついに議会を通過した。

 この法律は難航を重ねたが、それはベルギーの人口の75%はローマ・カトリック信者であり、宗教権威者やオーソドックスな考えを持つ人たちが、人の死に対する他人のいかなる介入にも強力に反対し続けていたからである。

 政府のスポークスマンは、いかなる安楽死の乱用も防止するための「数多くの安全策」が新法には盛り込まれており、安楽死をモニターするために永続的な委員会が設置されることになっていると強調している。安楽死を認めたのは、最近のオランダの決定に続いて、ベルギーが世界で2番目の国である。(Japan Times)


戻る




Holistically Ours