汚れた空気が心臓を圧迫する?

 大気汚染は、気管支炎や喘息のような呼吸器病の原因になるとされて、日本のニュース種の1つになっている。それは微細な粒子が風に運ばれて、汚染地域で生活したり働いたりする人たちの肺を刺激するためである。

 英国の「サーキュレーション」誌に載った新しい研究によると、汚染物質を吸い込んで1分もしないうちに、当人の血流中にその汚染物質を検出することができた。これは、大気汚染が長期的には呼吸器病にとどまらず、心臓血管の不調にもつながりかねないことを示していると研究者たちは見ている。(What the doctors don't tell you)


【戻る




Holistically Ours